Sponsored Link

目次


1から始めるC#なので超基礎的なことをメモします。
主に参照しているページは、

用語

名前空間

一番大きな概念。
namespaceで表される。

namespace ConsoleApplication1
{
}

クラスとインスタンス

設計図、定義など(正直意味がわからん)。
クラスが「型」で、その「実体」がインスタンス(これもよくわからん)。

public class Class1
{
}

インスタンスを作るためには、

class1 test          <---変数は準備されるが中身はから
test = new class1(); <---インスタンスが生成されるという。
                         空だったtestにインスタンスへの参照代入。変数testを経由して生成したインスタンスへアクセス可能となる。
Console.WriteLine(test.tensuu);

などとする。これを

class1 test
Console.WriteLine(test.tensuu);

場合、'未割り当ての変数testにアクセスされました。'となる感じ?

メソッドとコンストラクタ

関数。 名前の後ろに括弧を付けた宣言はメソッドの宣言(大雑把らしい)。
もしクラス名と一緒の名前ならメソッドではなくコンストラクタとなる。
コンストラクタとはインスタンスを生成した時だけに呼び出される特殊なメソッド。

オブジェクト

クラスのインスタンス。

DLLを同梱する方法

確認環境はVS2017。
Win10x64 CreatorsUpdate

まずはMicrosoftから連結ツールをダウンロード

Microsoftが提供しているツール「ILMerge」。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17630

ダウンロードしたらインストール。

使い方

管理者でコマンドプロンプトを開き、以下コマンド。
適宜、文字は変える

C:\Users\USER名\Desktop>"C:\Program Files (x86)\Microsoft\ILMerge\ILMerge.exe" /out:AAA.exe BBB.exe CCC.dll /targetplatform:v4,"C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319"

AAAは出力したい名前。
BBBはデバッグorリリースフォルダにあるexeファイル。
CCC.dllは同梱したいDLLを記載する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-01 (土) 14:01:56 (794d)